*:.。.カフェライブ&同時配信ライブ決定しました【9/20(日)】

どうもわたしです。りーこです。

9/20(日)に、配信ライブが決まりましたのでお知らせいたします!

(( 追記! )) 
 配信ライブは無事に終わりました。
● youtubeのアーカイブがございます。こちらの記事からどうぞ。▼
 *:.。.【10月1日くらいに消える?】ピアノ弾き語り配信ライブ【いまのうちにご覧ください】

● 後日、自分で見てみて感想・解説している鑑賞会はこちら▼
 *:.。.【報告】弾き語りライブ鑑賞会をしました!(おまけ:stars中島美嘉1分カバーも限定公開)


2020/09/20 (Sun)
おいしいおんがく会

出演銀河スープ / 八代英理子
時間start 19:30
mona records Youtube chennelにて配信有り!

<TIME TABLE>
19:30 – 20:10 八代英理子
20:20 – 21:00 銀河スープ

配信チケット:無料(投げ銭あり)
おいしいおんがく会


配信ライブということで事前予約は不要ですので、

youtubeで、ライブ配信のリマインダー設定をしておくのがおすすめです

  ▼

 配信URL

[リマインダーを設定] をクリックすると、配信が始まる直前に通知を受け取ることができます。

リマインダーだけしておけば時間になったらyoutubeが教えてくれるのです。

当日は、忘れずにmona records Youtube chennelで配信をご覧くださいね!

「よかったよ」「もっとがんばれよ」の意味で、投げ銭もよろしくお願いいたします。

うれしいなー!

また、会場まで近い方は、¥2000+1drinkのチケットをご購入いただき、直接お越しいただくこともできます。
(コロナ拡大防止のため、人数制限や、当日の検温などがございます。)

新型コロナウィルス感染拡大防止の取り組みについて

https://www.mona-records.com/news/9/

ライブ配信元は、東京世田谷区の下北沢駅すぐ近くビル2Fにある、

おんがく食堂からお届けします。

おんがく食堂とは、ランチタイム(11:30〜17:00 ※2020年9月現在)はお座敷のあるカフェです。
おいしいご飯を食べられます。

ところが夜になるとその素敵な空間のなかで、ライブが始まるんですよー(*˘︶˘*).。.:*

お忍び良ライブスペースなので、情勢がゆるせば、きっと行ってほしい場所です。

さて、当日どの曲を演奏しようか、めっちゃ悩んでいます・・・。

ライブ持ち時間はたっぷり40分いただきましたので、

弾き語り用にアレンジした曲をたくさん演奏できたらとおもって、

いろいろな曲を練習しては挫折中(笑)。

あ、新曲はやります。

「5日間作曲」ウイークで作ったあの曲(!)をやろうと思います。

ブログを読んでくださっている人しか知らないあの曲に、

さらにブラッシュアップして・・なんとラップ追加しましたwwww

合うのか合わないのか。

そもそも演奏できるのか?!!

おたのしみに。あーわたしも楽しみです。

それでは9/20(日)、19:30〜

ライブ動画でお会いしましょう〜!!

しっかりリマインダー登録してくださいね〜!

p.s. ライブのある9月20日までは、periscopeで配信練習したり、youtube / twitterで練習風景を共有していく所存。

p.s. そして配信ライブにわたしを選んで誘ってくださった銀河スープさんに心より御礼申し上げます!Thanks a looooot !

■□■オススメ■□■

*:.。.【結果発表】5日間で作曲してみた【イヤホン推奨】
 :5日目、ついに完成したあの曲を聞いてみてください。

*:.。.【結果発表】5日間で作曲してみた【イヤホン推奨】

(この記事は10分で読めます。)

まあまあ、捗らないもの。

それは作曲。  (りーこ)

わたしは昨日まで、

『5日間で作曲をする』と決めたら、どこまで作曲できるか。という挑戦をしていました。

仕事のある平日に、あえて「やる」と公言して自らを追い込んだ結果、一体どうなったでしょうか。

さあ、約束の8月1日となりましたので、ご報告記事です。

決めていた条件を振り返りましょう。

=======================================================

まず道具。

大いに使ったもは⭕、
結局使わなかったものには✖してます。

〈使うもの〉

⭕キーボード(YAMAHA NP-30)

⭕録音機

⭕androidスマホアプリ「Score Creator」

⭕イヤホン

✖メモ帳アプリ「Google keep」に書き溜めた「歌詞の元」。

✖参考本、⭕参考動画、⭕参考音源など

〈実験方法〉

作詞作曲のタイミングは、会社への行き帰りの電車の中と、

昼休憩1時間と、帰宅後の家での時間。

平日5日間で作曲してみたらどこまで出来るか。

バンドクオリティではなく、一人で作曲できる範囲で、ピアノと歌の完成を目指した。

以下を満たした時は成功、足りない場合は失敗とする。

①ピアノ伴奏のコード進行が決まっている

②歌メロディーが決まっている

③仮の歌詞が決まっている

④サビがあり、サビ以外の構成が存在している

〈参考〉

普段の作曲スピード:12ヶ月に1曲。

=======================================================

以上が前提でした。

前回の記事で、途中経過の報告をしておりますとおり、
作曲してみた実験の3日目までは「死線に在り」で、

文章を書いても「歌詞未満」、新しい良いメロディも浮かびません。
ボイスレコーダーに録り溜めていた鼻歌に頼ってみても、面白い化学変化は起きませんでした。

平日にやろうなんて無茶な計画だったんだ、と諦めかけた。

ところが4日目の夜に転機が訪れる

仕事おわってから、いろいろひらめいて
なんと急にまったく新しく、この5日間作曲の実験期間オリジナルの歌詞ができた。

この時点では歌詞だけでまだメロディーが無いので、ただの文章。

急に書けた文章を、掘り出した鼻歌ソングに当てめてみると、あれ?なんか奇跡的にいい感じにハマってる。

ちょっとテンションが上がり
部屋で一人フトモモでバシバシとリズムとりながら、録音機に歌い続けること1時間。

その結果が、これだ。

123…

→→→

5日間で作曲してみた(サビ)

(サビ部分)

完成形ではないけれど、かなり曲になってるんじゃない??

もう一度、成功の条件を振り返ってみましょう。


①ピアノ伴奏のコード進行が決まっている

②歌メロディーが決まっている

③仮の歌詞が決まっている

④サビがあり、サビ以外の構成が存在している

もう、②と③クリアしてるじゃない。

サビ以外のAメロBメロという部分もできてるから④もクリアだ!

つまり4日目の時点で4条件のうち3つが揃ったということになりました。

そして5日目金曜日、 画像を御覧ください。

コード進行の写真

かんっぜんに、自分にしか読めない暗号ですがよく見れば、

ざっくりしたコード進行が見えてくるでしょう。

ということは?

「①ピアノ伴奏のコード進行が決まっている」もクリアし、すべての基準を満たしたので、

今回の5日間で作曲してみた実験・試みは、「成功」ということと相成りました。^ ^

わー!

【〜さっきの鼻歌のフルバージョン〜】

(Aメロ→Bメロ→サビ→2番最初まで)

5日間で作曲してみた(フル)

歌詞はこちら

たぶん歌詞も、調もあとで変わるだろうな。

【歌詞(仮)】========================================================

タイトル:若者(仮)→compass

大きな波は どうやら乗り越えて
小さな陸に すこし足がついた
ああ、さらわれそうな ゆらゆらのhigh tide

キツい時も楽しい日々も
もうずいぶん遠くに感じるね
なんとか漕ぎ続けてきたね

嵐は何度でも去っていき
また一つ、見え隠れしているけれど
明るくてどこか暗い 東京の光 顔に服になじんだみたいだ

陸に背を向けて さあ船よ かっさらって行け 
宇宙色の帆をたてて
「決して止まらずに 染まらずに」
って訳にはいかないだろうけど

まだZじゃない in the middle of the Sea of night!


キツイ風が雨携えて あるく僕を激しくたたいている
ああ、こんなはずじゃ〜 Kaboom!(雷音)

(間奏?)

でも君と決めた more high tide
 見てごらんすごくきれい
 辛いかどうかなんて歩きながら考えればいいって
 このコンパスが示す
 あたらしい朝を見降ろした
 未来の色は変わりゆく
 うつりにけりないたずらに
 
(間奏?)

大変な道を選んでしまった ごめんなさい
でも一緒にあるいてほしい
ずいぶん古くなった君の夢を のせてまだ 船は進む!

(サビ等くりかえし)
========================================================

ここからバンドサウンドに編曲していきます。

というわけで、赤裸々に作曲方法を綴ってみました。作曲してみたいという人にも、少し雰囲気が伝わったのではないかしら。

次のやる気スイッチを押して、この続きの編曲も進めていきたいと思います。

ぜひ「★」やコメントで応援よろしくお願いいたします。

(追記)

この記事で作った曲を弾き語り用にブラッシュアップし、配信ライブにて演奏しました!

反省会の様子がyoutubeに上がっているので新曲も少し聞けます。
ぜひ御覧ください。

*:.。.【途中経過】5日間作曲compose in 5days

こんばんは。

 

ただいま7月30日、木曜日の夜。

 

実験中のりーこです。

あらましは前回の記事を見てください。

 

*:.。.【実験】今日から5日以内に作曲してみると決めたらどうなるか

7月27日

 

 

きょうは途中経過をご報告します。

途中経過

 

7月27日から開始した、実験。

それは7/27(月)〜7/31(金)の平日5日間の間に、作曲をするというもの。

ワタシにとってはムボウな計画。

そしてほとんど進展なく迎えてしまった、今日、

実験4日目。

ああ、心折れる直前だったんです。

さっきまでは!

諦めようかと思っていました。

というかほぼ諦めていました。

さっきまでは。

昨日までにやったこと

進展なしとはいえども、コツコツやってたことはやってたので、まずはそれを報告。

 

歌詞を付けるため

文章を、ババッといくつか書いてみたり、

日頃から書き留めている「いい言葉メモ」を寄せ集めて言葉遊びしてみたりしましたが

いづれも大した成果はなく、時間はかけましたが徒労に終わりました。

また、曲については、いいなと思って保管していた旋律があるので、それを引っ張り出して

もっと「広げる」ために、

とりあえずのAメロ、Bメロをつけてみました。

ちなみにその広げる作業のときは、浮かんだメロディーを鼻歌で録音するか、

あるいは、前回の記事でちょっと書いたスマホアプリに

>androidスマホアプリ「Score Creator」

音符をメモしながら、膨らましていきます。

本当は、歌のメロディーから作るよりも、

ピアノ伴奏から決めたほうが、かっこいい曲になりやすいんだけど・・・

今回は5日間しか時間がないので、

歌メロディーから作ってみます。

<5日間作曲の経過報告>

■7月27日(月)

 仕事中になんかひらめいて5日間作曲を決意した。帰り道、ブログ記事投稿した時点で19時。。

       特になにもせず1日目は終わる。

■7月28日(火)

 2日目、意外と仕事忙しい。

 なんであんな投稿をしてしまったのか悔やむ。

 「昨日なんにもしてないんだから「4日間」作曲じゃん

 ・・・昨日の自分。ウラム。」

  朝の電車🚃▶イヤホンをして、いざアプリを開いたが、爆睡【✖】

  ランチ🍽▶書き留めている「いい言葉メモ」を紙へ書き出す【⭕】

  帰りの電車🚃▶紙をながめ、つぎはぎの歌詞を考える頭を、睡魔が襲う【✖】

         

■7月27日(水) リモートワーク。

 昨日より仕事が暇だぞ・・・これは・・・チャンス・・・

 あ、kindleに、漫画「キングダム」56巻ダウンロードしたって旦那言ってたな。

   「パカッ」

 朝▶ キングダム〜12巻、からのAM仕事

 昼▶ キングダム〜14巻、興奮につつまれながらのPM仕事

 よる▶ キングダム〜16巻、感動に包まれながら就寝🌠

■7月27日(木) そして今日。

   「我、正に  死線に在り」

      ・・・。

 昨日は一体、なにをしていたんだ?

 作曲作業なんて、ひとつもやっていやしない。

 で、でも、だって、王騎将軍が死線におわしたから・・・

 り、李牧が、、、Reebokが・・・!

 すべてはキングダムが悪い。

 あと読みやすすぎるKindleFireも悪い。

 まあでも、大した歌詞は出来なかったし、意外と仕事忙しいし。

 最初からムボウな実験だったんだよ、

 こっそり消せばいいだけさ。前回の記事を。

 だって、普段の作曲スピード:12ヶ月に1曲 ですよ、

ところが、仕事おわってから、急にいろいろひらめいて、歌詞ができました!

そして・・・・・鼻歌完成!

くわしいことはまた書きます。

ひとまず経過報告でした。

==========================================

次回、ついに結果発表。
一体どうなるのでしょうか・・・。まさかの・・・
▶次の記事へ

*:.。.公言して自らを追い込む5日間で作曲実験!

まあまあ、捗らないもの。

それは作曲。

最近はグッズ作りが楽しくて楽器から遠ざかっており、

4連休も、作曲はおろかピアノや歌の練習もしてません。

さあ、日本のミュージシャン達。

わたしは今日を含み5日間で、どこまで作曲できるのか、挑戦をします。

結果の発表は8/1。このブログで…。

よゆうがあったら経過報告します。

■「5日間で作曲実験」をやるメリット

  1. 「やる」と公言して自らを追い込む
  2. 5日間の期間を定めることで集中力が上がる。良い曲ではなくても、完成しなくても、短くても、何かしら後で使える。
  3. 7月中に進捗があれば、8月初旬は遊んでもいいことにする。
  4. 7月の4連休中にやれなかったタスクを昇華したことになる。
  5. 仕事のある平日をあえて実施日にし、仕事モードと作曲モードを切り替えることで、頭の体操になる。

〈使う予定のもの〉

  • キーボード(YAMAHA NP-30)
  • 録音機
  • androidスマホアプリ「Score Creator」
  • イヤホン
  • メモ帳アプリ「Google keep」に書き溜めた「歌詞の元」。
  • 参考本、参考動画、参考音源など

〈実験方法〉

上記のツールなどを用いながら、作詞作曲を進める。

作曲タイミングは、アプリを使える事から会社への通勤電車の中など。

作詞は、カフェか家で一人になれる時間を作らねばならないので、かなり苦しい戦いになるだろう。

一人で作曲できる範囲で、ピアノと歌の完成を目指す。

以下を満たした時は成功、足りない場合は失敗とする。

①ピアノ伴奏のコード進行が決まっている

②歌メロディーが決まっている

③仮の歌詞が決まっている

④サビがあり、サビ以外の構成が存在している

〈参考〉

普段の作曲スピード:12ヶ月に1曲。

それでは、一日目、

もうすでに、最寄り駅近くなってきちゃいましたが……

スタート!!!

🔈🔉🔊🎧

==========================================

次回、途中経過をご報告。▶次の記事へ

*:.。.いい音楽には、ひとを大事な局面で無計画にさせるほどの引力がある

楽器の演奏に本格的に興味を持ったのは、高校を卒業したあとだった。

高校では大学入試に勉強が全く追いつかず、

センター試験を含めて受験したすべての大学に落ちたわたしの話をします。

高校を卒業したら、エジプトの考古学を学ぶために

早稲田大学へ行くという人生計画は、

周りの人にとても受けが良くって、小・中学校の頃から言いふらし続けた。

なので、センター試験を含めて受験したすべての大学に落ちたにもかかわらず

諦めきれず、1年間の浪人生活が始まった。

進路なんて何ひとつピンと来ていなかったけれど、

勉強するために、理由として「考古学」が必要だった。

少なくともそのときは、本当に1番やりたい夢だった。

雑誌『ROCKIN’ON JAPAN』や『B-PASS』を

よく読んでいたわたしは、

バンプオブチキンを追っかけていた。

高校2年生の時にバンプのギターボーカル藤原基央リスペクトで黄色いエレキを買った。

買ったのは入門用ギターセットのストラトキャスター。

BUMP OF CHICKENのボーカル藤くんはレスポールなので、色しか合ってない。

それでも

当時のわたしには、おもいきった買い物。

まもなく、別の高校へ行った中学校時代の友人と

彼女をボーカルとするガールズバンドが結成された。

ある日その友人から

「歌詞を書いたんだけど、これに曲をつけられる?」とメールが来た。

・・・結論からいうと出来なかった。

というかそのバンドが存続している間には、完成しなかった。

全員でスタジオ練習に入ったのは3回くらいで、

そのあと1年ちょっとでバンドは解散してしまったのである。

実はそのたった3回くらいのスタジオ練習。

あのとき、本当は頼まれていた歌詞に、1コーラスだけメロディーとコードを作れていたんだ。

けれど、

いざスタジオに入って

皆の顔を前にした時、

とても恥ずかしくなって披露できなかった。

「まだ、ちょっと、サビがちょっとまだ・・・」といって、披露するのをやめた。

わたしの恥ずかしがり!

人生で初めて作ったその曲はそれっきり

部屋に貼ったポスターの藤原基央の他に

聴いた人はいない。

新しい楽器と、有り余るほどの時間を手にしたら習慣になったこと。

とにかくその後、浪人生になり、新しい楽器と有り余るほどの時間を手にした私。

浪人生は、学割も使えないし

先輩がもてなしてくれる飲み会もないし

同級生達は、せわしなく輝くキラキラ大学1年生である。

浪人生とは、一人の時間だけが無限に広がっている高原に落とされたテントウ虫みたいなもの。

無限の砂場にまちうける チンアナゴ達

私ももれなく、持て余す時間と言う名の高原を、新しいギター片手にのろのろと歩いていた。

  石橋楽器へ行く→好きな曲のピース(楽譜)を漁る→記憶

  →家に帰ってギターで弾いてみる→弾きながらひたすら歌う

これが毎日の習慣になった。

埼玉県川越駅前某予備校の授業が終われば

何時間でも部屋にこもって歌い、

知らないバンドを初めて聞いてみたりもした。

その時期に使ってたガラケーの中のプレイリストはこちら。

くるりの「東京」、銀杏BOYZの「東京」
BUMP OF CHICKENの「続・くだらない唄」
そして椎名林檎「罪と罰」

この4曲がお気に入りだった。

聴いてみていただければ分かるが

どんどんみじめな境遇に落ちていく錯覚におちいる。

それが最高に気分にフィットした。

清々しい顔で聴いていた。

高校時代の友人が急にいなくなった寂しさなど、

そのプレイリストは、かるく凌駕してくれたので、

1ヶ月に1度は、そのフルコースの虜になる日があった。

(要は、現実逃避。)

わたしは感動していた。

音楽って、こんなに人の心を捕らえたり、泣かせたり、動かしたり

できるんだ。自分もこんな事がやってみたい。

そうして、大学へ入るためのモチベーションは、

「考古学」ではなく「バンドを組むこと」へと変わった。

目標が決まると、一心不乱に勉強に励んだので

もちろん、早稲田大学に!

…は、入学出来なかった。

こんな不純な動機では入学できるわけもなかった。

テスト当日のラスト20分で、

わたしは新境地に達し、ペンを置いてゆっくりと瞑想に入ったのである。

(全然、解けなかった)

しかし、捨てる神に拾う神。

某大学の、名前で選んだカッコイイ横文字の学科に合格し

めでたく、浪人という深い森を抜けたのである。

きっといい音楽には、ひとを大事な局面で無計画にさせるほどの引力がある。

ここで言う「いい音楽」っていうのは

「自分にぴったりの音楽」という意味であって、一般的に良しとされる曲のことではない。

ちなみに誰でも彼でも無計画になるわけじゃない。

人による。

それでもいい音楽は、人生で必要なときがある。

何かが足りないな、という時、足りないのは音楽だったりする。

ついつい音楽やドーナツを理由にして

反射的に現実逃避をしてしまう

そういう、無計画なタイプ…

そいういう人が…

わたしはだいすきです!

のらりくらりな生き方も、楽じゃないよね!

おわり

フォローすると更新情報をうけとれるよ。うけとってね。

*:.。.ピアノトリオ形態のロックなスリーピースバンドです

先日、初めて国分寺駅を降りました。

新宿から21分で着くんですね!アクセスが良い。

飲食店と美容院とラーメン屋さんが多い国分寺北口は
お店が密集していてとっても便利そうでした。

目的地のモルガーナ(ライブハウスです)は、北口から出て商店街をまっすぐ。

途中、「牛骨」を持って帰れるラーメン屋さんがあり

長財布くらいの大きさの、なかなか見応えのあるカラッカラの骨が置いてありました。

いい音がした。

オブジェとして持って帰る人が多いそうです。

持って帰りませんでした。

今回、企画に呼んでいただいて、aoricoでは初の国分寺モルガーナさんで演奏をさせていただきました❀

長くお付き合いさせていただいている、『香取さとりと神の如し』さん。
ウクレレのある応援ソングは、赤裸々でどこか不器用で、痛いくらい背中を押してくれます。

わたしたちaoricoはピアノトリオ形態のロックなスリーピースバンドです。

香取さとりと神の如しのボーカル、香取さとりさんが弾くのは、なんとエレキのウクレレなんですよー!!

エレキのウクレレの音ってとても良いんですね・・・

ウクレレの音を想像してる方は、それを3倍ロックにした音だと思う。(語彙…)

電子ウクレレは「エレ・ウク」と略すそう。

中学生までエレキ買う前にYAMAHAの「ギタレレ」
という小さいギターを持っていた私としては、
個人的に「エレレレ」と呼びたくなってしまいます。

ロックなエレキ・ウクレレの香取さとりと神の如しさん。おすすめです。

あたまにのこるフレーズで大好きな曲です。

aoricoは、「食パン」というどうしようもない曲が出来たので初披露しました。

【音源】これはスタジオで録った練習中の食パンになる前の生地です。

🔻

Listen to 200118【食パン食べたい】 by User 92014295 on SoundCloud

ちなみに食パンの「食」の由来には諸説あります。

一番好きな説はこれ

 美術の木炭デッサンをするとき、今でも消しゴムのかわりに食パンを使うことがあります。

理由は、消しゴムよりもやわらかく、紙を傷つけないからです。食パンは油が少ないため、消しても油染みすることがないという利点がありました。

この消しパンと区別するために、「食パン」という名前が生まれたという伝承もありました。 

https://camelia.co.jp/magazine/book/142

「消しパン」と区別するために「食パン」…

薬用アルコールと、ウォッカみたいな関係ですね。

諸説あります。

そんな食パン食べたい曲もライブで披露しました。

なんともいえず味のある歌だから、ぜひ聞いてほしい。

※パンの種類はライブ毎に変更になる可能性があります。

ということで。

読んでくれてありがとうございました。

♥ブログの感想送れるように整備しました

🔻

共演の「HAPPY LUCKY MONDAY」さん、「いろは」さん、「香取さとりと神の如し」さん


【出演者紹介】

・ HAPPY LUCKY MONDAY https://m.soundcloud.com/happyluckymonday/roboieegkgrb

・いろは https://youtu.be/Jidjtuf9_sk

・香取さとりと神の如しhttps://katorisatoritokaminogotoshi.bandcamp.com/track/-

・aorico https://youtu.be/-gbw15ez7j4

☆(ライブハウス)国分寺モルガーナ https://goo.gl/maps/GUJ9MuueH7LaKNWy6

打ち上げはとっても愉快でした。
バンドをやっていると、普段ではめぐり逢えない方とお知り合いになれてうれしいですし、楽しいです。

企画へ呼んでくださったり、あたらしい試みを共有してくれる、
そんなクリエイティブな人々に囲まれていて本当に楽しい。

いつもありがとうございます。
そしてこんな内気な自分にも、ゆるいつながりを巡り会わせてくれる音楽に感謝します。

以上

りーこでした。

*:.。.あなたの好きな曲はなんですか?

どうも。りーこです。

いま、アルバムCDの音源を録音中。

次なるアルバムのタイトルは何にしよう。

ここまでのディスコグラフィー


 1. 聞こえる(シングル2011年くらい)
 2. 海の帰り道(アルバム2012年)
 3. 凪(シングル2018年)
 4. ?????(アルバム2020年くらい予定)

2011年クラムボンのコピーバンドに端を発して結成してから、

aoricoは2021年で10周年を迎えます。

時代は変わったなあ


次は、タイトル何にしよう?何がいいですかねぇ・・(・ัω・ั)

海の帰り道に始まり、凪、と来てる。

このまま『海感(うみかん)』を出していくのもありだし『山感』にシフトしてもいいし。

ソロ活動でライブしたとき、

何曲かツイートで楽曲解説をしたことがあるけど、

『波』はイタリアはシチリアを、『circus』はエジプトのナイルをそれぞれ歌った曲。

海や旅行のキラキラ光って見えるイメージ。

そんな憧れが詰まったアルバム。

それが、2012年の『海の帰り道』というアルバムでした。

突然ですが、あなたがふだん聴く曲で、好きな曲はなんですか?

そしてそれを、どんなときに聞くのが好きですか?

もし良かったら、教えて下さい。

🔻

あなたの好きな曲を教える

わたしは外で歌っているような歌や、旅する曲が好きです。
出かけている時にあるきながらなにかを聞くととっても充たされるー。

今回のアルバムでは、そういう海や旅行のイメージは、ほとんどなくて

むしろ部屋の中で歌っているような曲が多いですかね。

親元を離れ、仕事に就いて、働き、生活し、変化する20代。

あるがままの雰囲気を持った作品が今回のアルバムには多くなりそうです。

たとえば、トラックループ(風の手動ループ!笑)に
ラップを乗せた『邂逅』という曲。

活動休止から、ようやくスタジオ練習を始動した時期に、
それまであまり使ったことのなかったキーボードのプリセットされている
ドラム音源を流しながら歌をつくってみようと思い立って、できた曲なのです。

ピアノの和音はあえて不安定なコードですし、

男女混声で歌うサビも、ハーモニーというよりは

1オクターブの間隔であえて無機質に聞こえるようにしています。

夢とか、キラキラしたものとか、どこへ行ってしまったの?というくらい、不安。

「君のいない街に来てみました。

雨も降ってないのに、あまやどりしていた。

降り出した朝、寝耳に水とは言い得て妙だな。」(『邂逅』より)

降っていない雨を怖がる幼い気持ち。

あまやどりしていた幼い年月を振り返る。

やさしい傘の下から出て、不安な場所に向かう。

そして

立ち向かった矢先、やっぱり雨が降ってきてしまって

驚きながらも納得。

傘の下にはもういない、ということをヒシヒシ感じる、

そんな気持ちを歌ったのかもしれないし、

そうじゃなかったかもしれないけれど、

少なくとも、かつての楽曲みたいに、「遠くの海を想像している」場合ではなくなった。

ちょっと大人になってしまった。

そんな曲です。

収録される予定の曲を一部紹介すると、

 −ライブで1番好評な『エピローグ』は、aorico式のロックなチューン。

 −まもなくMVも出来上がりそうな『canvas』は、誰かと夕日を見る物語をうたう、スローバラード。

 −そしてシングルCD「凪」にも収録されたアニメーションJ-POP曲の『ねぇ、起きてる?』

などジャンル幅も広め。

1つのアルバムに集まったとき、どんなまとまりになるのかなあ。

ライブでよく演奏されている推し曲達がようやく
音源として、アルバムにまとまるのは
とても意味があると思う。

さらに何トラックか増える予定ですので、私も完成が待ち遠しいです。

※MVも最高です。お楽しみに。

ということで。

タイトル何にしようかなー!

楽しみながら決めていこう。

来月2月は、2月9日ニクの日にライブです。

🔻

(終) ❀予約ページ❀

初めて申し込みフォームを作りました。

ということで

あーやっと音楽の話が書けたー!!!

長い記事を最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

それでは2月9日まで練習に励もうと思います。

お疲れ様でした。